地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、上田・東御の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

上田・東御の地域情報サイト「まいぷれ」上田・東御

上田市・東御市のおすすめお店特集

株式会社ハルタ(haluta)【上田・東御のおすすめのお店】

上田市小泉/パン・北欧家具・雑貨のお店

上田市小泉にあるクリエイティブな会社

ハルタ(haluta)さんは、北欧ヴィンテージ家具販売、キッチンやリビング雑貨販売、製菓・製パン製造販売、カフェ、服飾品の販売、住宅や店舗などの空間デザインをプロデュース、建築設計業など、居住に係わる事業を多岐に展開している会社です。
拠点は上田市、東京、デンマークのコペンハーゲンにあります。会社コンセプトを「クリエイティブな場づくり」として、さまざまなプロジェクトを上田から発信しています。

今回は上田市小泉にあるハルタさんのパン北欧ヴィンテージ家具についてご紹介します。

パン屋さんに飾られたビンテージポスター

家具倉庫OPEN時間の看板

小麦粉にこだわる美味しいパン

定番のひまわりの種が乗ったニンジンのパン、カンパーニュ、雑穀パンなどをはじめとして、季節の食材を使ったパンがあります。

デンマークで食べられているパン作りのポイントを押さえて、国産小麦粉(上田産、長野県産、北海道産)で製造しています。

「小麦粉の酸化を防ぐために石臼でその都度、使う分だけを挽いて引立てを使っています」とシェフである木村さんからお聞きしました。石臼で挽いた小麦粉は小麦本来の味と風味が引き立つのだそうです。

ハルタのパン

小麦を引く石臼製粉機

上田産小麦

パン生地の焼成をする木村シェフ

ベーカリーデッキオーブン

パンは毎週土曜日に販売しています

ハルタさんの小泉にある建物の一角にあるベーカリーでは毎週土曜日、10:00から焼きたてのパンが販売されています。

地元のお客さんは勿論、遠方から来られるお客さんで賑わっていて、午前中には完売してしまう人気ぶりです。通常は通販で販売されています。

※お問合せは「halutaのパンと焼き菓子詰め合わせ」をご参考ください。

北欧ヴィンテージ家具がいっぱい!

こちらの北欧ヴィンテージ家具(1940年代~1970年代)は主にデンマークで買い付けられ、この小泉の工房に運ばれ、新品では無いかと思われるほどに丁寧にリペア、メンテナンスされ、販売されています。

その丁寧な仕上がりは、地元の方は勿論、県内外からお客さんに大変人気だそうです。

家具は引き継がれるモノ

北欧では“家具は引き継ぐもの”という概念的な考えがあるそうです。親から子どもへそして孫へとその家庭の日常で慣れ親しまれた家具は思い出と共に引き継がれて行くのだそうです。

かつて、日本でも似た概念があったように思えます。家具は勿論、着物や日用品に至るまで大切にする文化です。北欧の家具ですが、シンプルで飽きの来ないデザイン、木の温もりを懐かしく感じるのは日本人のDNAに刻まれた心の文化が感銘するからでしょうか。

北欧雑貨も豊富に揃っています!

家具が展示されている一角に北欧雑貨も売られています。こちらもビンテージものが多く、グラス、食器、カトラリー、木製用品、鍋、道具など数え切れないほどの日用品があります。

当然のことですが、北欧ヴィンテージ家具によく合うモノばかりです。

こちらの家具、雑貨販売は毎週土曜日13:00~17:00に販売されています。

ハルタさんの様々なプロジェクト

haluta philosophyのもと、様々なプロジェクトが企画、運営、ディレクションされています。今回は簡単にご紹介します。

 

【WEBBOOK haluta365】

「創意くふうの居場所づくり」をコンセプトにした“毎日の生活とかかわりのある居場所づくりのアイデアとストーリー”がウェブメディアで上田から、日々発信されています。

 

【A n d e l】

A n d e lとはデンマーク語で「共有」という意味だそうです。

「本当の心地よさ」を共有できる場の開発やプロデュースをされていて、住宅、オフィスなどの賃貸や売買をされていて、建物・土地の持続可能な不動産価値を提案致します。

 

【Architect and Associates】

北欧に似た気候の上田にデンマークから引き継いできた製法を基礎に何世代にもわたり引き継がれていく建築を提案されています。北欧の住宅で使用されているROCKWOOLと言う断熱材を使用した通気性、断熱性に優れた世代を超えて引き継がれて行く住宅を設計されています。

勿論、ノンアスベストで自然素材なので環境面に対応した素材だそうです。

 

【Kobenhavn Branch Office】

デンマーク・コペンハーゲンにもオフィスがあり、ヴィンテージ家具の収集・保管から建築・空調エンジニアリング・ランドスケープ・オーガニック食品などのリサーチを行う拠点として活動されていて、コペンハーゲンのスマートな生活システムを物と事を通して引き継いでいるそうです。

今回は小麦の風味を大事にしたパンと北欧ヴィンテージ家具を取材させて頂きました。取材をさせて頂いて、ハルタさんがひとつの使命とされている、人の生活する居場所の質を上げる「クリエイティブな場づくり」に取り組んでいることが覗えました。

 

店名 株式会社ハルタ(haluta
住所 長野県上田市小泉821-1
連絡先 0268-71-3005