地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、上田・東御の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

上田・東御の地域情報サイト「まいぷれ」上田・東御

「まいぷれ上田・東御」取材レポート

生島足島神社にて4月14日、15日に5つの神事が斎行(その2)

生島足島神社 “御移神事”、“諏訪様還座祭”、“諏訪社例祭”、“御本社春季祭”、“御柱奉倒祭”

生島足島神社の神事、例祭が今年は4月14日に“御移神事”(おうつりしんじ)、“諏訪様還座祭”(すわさまかんざさい)、翌15日に“諏訪社例祭”(すわしゃれいさい)、“御本社春季祭”(ごほんしゃしゅんきさい)、“御柱奉倒祭”(おんばしらほうとうさい)が斎行され、取材をさせて頂きました。

それぞれの神事、例祭の進行を順を追ってご紹介します。

 

◆(その2)では4月15日に斎行された“諏訪社例祭”(すわしゃれいさい)、“御本社春季祭”(ごほんしゃしゅんきさい)、“御柱奉倒祭”(おんばしらほうとうさい)をご紹介します。

 生島足島神社 御本社前

諏訪社例祭、御本社春季祭、御柱奉倒祭が(4月15日)に斎行されました

 

神事の始まり

 参進する前に神職及び参列者は手水をとり、社務所前に整列し一礼の後、摂社諏訪神社へ向かいました。

 手水の様子

 社務所前にて

諏訪社例祭

 

修祓(祓い清め)

大麻(おおぬさ)で神職及び参列者が祓い清められました。

 

御扉が開かれる

続いて、警蹕が揚げられる中、摂社諏訪神社の御扉が開けられました。

 

宮司一拝

所定の座につきます。宮司が神前にて拝礼されました。

 

献饌

神前にお米、酒、塩をはじめ、海の幸、山の幸などの神饌が供えられました。

  

祝詞奏上

宮司により神前にて祝詞の奏上がされました。

 修祓

 神職と大麻

 修祓の様子

 宮司祝詞の奏上

玉串を奉り拝礼

宮司が玉串奉り拝礼し、それにならい神職が拝礼、続いて参列者代表が玉串を奉り拝礼、その他の参列者はその場で拝礼しました。

 

撤饌(てっせん)

神前に供えられたお米、酒、塩をはじめ、海の幸、山の幸などの神饌が下げられました。

 

御扉を閉める

摂社諏訪神社の御扉が閉められました。

 

宮司一拝

宮司にならい神職、参列者が拝礼されました。

 

退下

諏訪神社例祭”は終了となり、一同は御本社に向かいました。