地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、上田・東御の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

上田・東御の地域情報サイト「まいぷれ」上田・東御

武田味噌醸造株式会社

味噌製造・販売

美味しい味噌を求め続ける上田の味噌蔵です!

0268-22-22800268-22-2280地図を見る
ケータイ・スマホで見る
「武田味噌醸造株式会社」美味しい味噌を求め続ける上田の味噌蔵です!
当社は昭和5年に『武田兵助商店』の味噌醤油醸造部門として発足しました。
「美味しい味噌は常にお客様とある」という創業者初代武田兵助の志を受け継ぎ80余年、旧北国街道柳町で味噌づくりに励み、味噌直売所『菱屋』で自慢の味噌を販売しています。
◆味噌直売所『菱屋』の電話・FAXは0268-22-4419です。

「美味しい味噌は常にお客様とある」

「原料に勝る技術なし」という言葉があるように、どんな技術や手法でも原料選びをおろそかにすればすべてが無駄になってしまいます。
例えば原料である大豆は同じ等級で同じ品種でも収穫される地域が変わればその品質は大きく変わります。
そうした大豆の違いは味噌の出来上がりに大きく影響します。私達は品質の一つひとつを踏まえ原料全てを職人が吟味して作っています。
私達はお客様に喜ばれる味噌とは何なのかを常に考え、「おいしい」と言って頂ける味噌づくりに励んでいます。
厳選した大豆・米・塩そして秘伝の麹「武田味噌醸造株式会社」
厳選した大豆・米・塩そして秘伝の麹
吟味した原料で丁寧にお味噌を作っています「武田味噌醸造株式会社」
吟味した原料で丁寧にお味噌を作っています

美味しさに拘った自慢のお味噌です

【自慢のお味噌】
◆ 銘醸
1990年、原料である大豆、米の生産者と栽培契約を結び、パッケージに生産者を明記するという試みの商品を開発しました。

◆寒仕込
字のごとく寒い時期に仕込む味噌です。秋に収穫された新鮮な大豆やお米を使い、寒い時期に仕込むことで味噌はゆっくりと発酵し、大豆とお米の旨みとコクが引き出される美味しい季節限定の味噌です。

◆ 華城下味噌
地元上田の大豆とお米を使って美味しい味噌をつくり、上田の方に食べてもらいたい、という想いからアリオ上田限定で手作り味噌を開発しました。2ヶ月に1度数量限定で販売しています。

◆ 八重原味噌
長野の美しい自然を次の時代に引き継いでいきたいという想いから、東御市八重原地区で特別栽培(減農薬)されている大豆とお米を使って味噌を開発しました。
味噌直売所『菱屋』に武田味噌の商品を取り揃えています!「武田味噌醸造株式会社」
味噌直売所『菱屋』に武田味噌の商品を取り揃えています!
2017年上田産「ナカセンナリ大豆」の味噌『華城下』を商品化「武田味噌醸造株式会社」
2017年上田産「ナカセンナリ大豆」の味噌『華城下』を商品化

私達がのれんを受け継いでいます

武田の「のれん」を受け継ぎ、武田晴太郎と市川絢子(姉)が中心となって社員全員で美味しい味噌づくりに励んでいます。
◆武田晴太郎:みそソムリエ、味噌製造技能士1級
◆市川絢子:みそソムリエ、味噌製造技能士2級
名称武田味噌醸造株式会社
フリガナタケダミソゾウジョウカブシキガイシャ
住所386-0012 上田市中央4-12-21
電話番号0268-22-2280
ファックス番号0268-22-0489
営業時間9:00~16:30
定休日日曜、祝日
駐車場有り
関連ページホームページ
「まいぷれ上田・東御」取材レポート 『あの美味しい味噌“華城下”の仕込みを取材』
「まいぷれ上田・東御」取材レポート 『美味しい味噌“寒仕込”の仕込みを取材』
ジャンル
最新のニュース一覧へ
写真(12件)一覧へ
    口コミ

    このお店・施設に行ったことがありますか?

    あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

    最新の記事(全11件)一覧へ
    近くのお店・施設
    お店・施設を探す

    人気のキーワード